定年前の会社員がジェイソン亜流で全力投資

厚切りジェイソンの投資方法をベンチマークとして、定年までもう少しの会社員が貯金ほぼ全額を投資しています。

新NISA運用実績、ライバルファンド比較、全投信流入金額ベスト10 2024/2末

2月末時点での、自分が投資している新NISAの運用実績と、自分の投資先のライバルファンドとの比較を公開します。

数字は楽天証券のサイトから拾っていますが、流入金額だけは日経電子版からもらっています。

2月の流入金額ベスト10は、こんな感じになったそうです。

相変わらず上位2つは異常に強いですね。

 

ではまず自分の実績から。

  金額単位:万円
名称 現状金額 投入金額 評価損益 利益率
楽天S&P500 21.5 20.0 1.5 7.57%
ニッセイNASDAQ 66.8 60.0 6.8 11.39%
ニッセイSOX 42.3 36.0 6.3 17.60%
合計 130.7 116.0 14.7 12.66%

2月も1月同様、制限360万の16%、58万を追加投資しましたが、利益率は12%後半という、ちょっとありえないような数字になってます。

特にニッセイSOXが、早くも本領発揮という感じです。

ちょっと早すぎるかも。

自分が投資し終わるまで待ってほしい...

 

次に、ライバルファンドとの比較です。

まずは、つみたて投資枠から。

・つみたて投資枠比較 金額単位:億円
名称 年初一括時 利益率 当月流入金額 純資産額
楽天S&P500 13.47% 389 989
eMAXIS Slim S&P500 13.45% 1816 37956
eMAXIS Slim 全世界株式 11.80% 2285 26241

先月に引き続き、今月も我が楽天S&P500が勝ちました。

ほんのわずかの差ですが、勝ちは勝ち。

どんなもんじゃい!

 

次に、成長投資枠のメインです。

・成長投資枠メイン比較 金額単位:億円
名称 年初一括時 利益率 当月流入金額 純資産額
ニッセイNASDAQ 15.24% 236 1031
iFreeNEXT NASDAQ 15.19% 43 1016
アライアンス・バーンスタイン・米国成長枠投信Ⅾコース 18.39% 638 25677

なんと、先月に引き続き、今月もAB・Dコースが勝ちました。

しかも3%以上という、結構な大差です。

これには正直ビックリですね。

しょせんボッタクリのエセNASDAQファンドと思っていましたが、最初の2ヶ月とはいえ、我がニッセイNASDAQに大差で勝ってしまうとは。

なお、我がニッセイNASDAQは、純資産額でiFreeNEXT NASDAQを上回りました。

これで、名実ともにNASDAQファンドの代表格になりました。

 

最後に、成長投資枠のサブです。

・成長投資枠サブ比較 金額単位:億円
名称 年初一括時 利益率 当月流入金額 純資産額
ニッセイSOX 23.41% 45 159
iFreeNEXT FANG 25.12% 387 1274
iFreeNEXT インド株 8.94% 154 1008

こちらも先月に引き続き、今月もiFreeNEXT FANG+が勝ちました。

我がニッセイSOXも、かなり無茶な好成績で追いかけていますが、及びませんでした。

流入金額でも大差ですねえ。

iFreeNEXT FANG+は、つみたて枠指定ファンドでもあるし、人気はしばらく続きそうな勢いです。

一方、インド株は相変わらずライバルに比べると元気ないですね。

今はまだ本気出す時じゃないって感じでしょうか。

でも、オルカンに負けているようじゃ、投資家はそんなに長い目で見てくれないような気もしますが。

 

というわけで、3種類とも、先月勝利ファンドの2連勝となりました。

2連勝ファンド3つは、少なくとも今みたいな上昇局面では強さを発揮するファンドなのかもしれません。

資産公開2024/2末、前月より386万増加!

2月末時点での資産全容と投資状況を公開します。

なお、自分の投資方針は、以前記事にしましたが、「誰でもできる投資で最大利益」というのが基本方針です。

私の投資方針。 - 定年前の会社員がジェイソン亜流で全力投資 (hatenablog.com)

 

では、まずは資産全体の概要から。

2024年02月 金額単位:万円
内容 現状金額 投入金額 評価損益 利益率
現金 127.6 127.6
生命保険 596.8 526.3 70.5 13.39%
株式・投資信託 7180.4 4555.6 2624.8 57.62%
合計 7904.8 5209.5 2695.3 51.74%
前年末比 902.9 115.0 787.9 +14.3%
前月比 386.1 32.1 354.1 +6.52%

今月も絶好調で、前月より386万も増えました。

昨年末からは903万の増加。

なんだか自分のお金とは思えないですね~。

自分の給料、今月は手取り36万でしたけど、誤差の範囲に思えます。

資産合計での利益率も50%を突破。

投資歴2年2ヶ月としては、かなり立派な成績です。自画自賛。笑

まあ、浮かれていられるのも今のうちだけと思いますが、今のうちに喜んでおくことにします。

 

続いて、資産の推移です。

今年まだ2ヶ月ですけど、年末でもおかしくないような傾きです。

続いて投資の概要です。

      金額単位:万円
区分 種類 内容 現状金額 投入金額 評価損益 利益率
企業年金 企業型DC 先進国株式INDEX 1344.8 446.4 898.4 201.28%
個人年金 iDeCo 米国株式INDEX 21.4 17.5 3.9 22.23%
自社持株会 個別株 **株式会社 141.0 114.6 26.4 23.02%
旧NISA 投資信託 米国・先進国株式INDEX 103.8 77.3 26.5 34.21%
新NISA 投資信託 米国株式INDEX 130.7 116.0 14.7 12.66%
特定口座 投資信託 米国株式INDEX 5438.8 3783.8 1655.0 43.74%
    合計 7180.4 4555.6 2624.8 57.62%
    前年末比 831.3 46.8 784.6 +16.8%
    前月比 333.0 -19.4 352.4 +7.95%

どれも絶好調のはずです。

最後に、投資信託の詳細です。

    金額単位:万円
区分 名称 現状金額 投入金額 評価損益 利益率
旧NISA 楽天・全米株式 71.6 53.3 18.3 34.45%
旧NISA eMAXIS Slim 先進国株式 32.2 24.1 8.1 33.67%
新NISA 楽天S&P500 21.5 20.0 1.5 7.57%
新NISA ニッセイNASDAQ 66.8 60.0 6.8 11.39%
新NISA ニッセイSOX 42.3 36.0 6.3 17.60%
特定口座 楽天・全米株式 3450.0 2402.1 1047.9 43.63%
特定口座 eMAXIS Slim S&P500 1942.0 1350.0 592.0 43.85%
特定口座 eMAXIS NASDAQ100 46.7 31.7 15.1 47.61%
  合計 5673.2 3977.1 1696.1 42.65%
  前年末比 743.9 116.0 627.9 +14.98%
  前月比 345.1 58.0 287.1 +6.7%

主力投資2つの利益率が、先月の36%台から一気に43%台にまで伸びました。

 

昨年の11月からずっと絶好調で、怖いくらい資産が増えてます。

ただ、そんなにバブルとも思えないんですよね。

本家S&P500は、やっと2年前の最高値をわずかに超えただけですから。

円安の方は、バブルというか、なんかの拍子に円高に向かう可能性もあるのかな。

まあ、何が起ころうと、淡々と全力投資を続けたいと思ってます。

確定拠出年金が3倍に!

会社でやっている確定拠出年金の利益率が、201%に達しました。

3倍になったってことです。

積立を始めてから11年10ヶ月でこうなりました。

ただ、2倍になるまで9年2ヶ月かかりましたが、そこから3倍まではたった2年8ヶ月です。

まあ、数学的には2倍の次は4倍なのかもしれませんが、それにしたって特にここ1年の伸び方は凄すぎです。

 

なお、自分の確定拠出年金の運用歴は、自分の記憶では以下の通りです。

2012/4月~:先進国株式75%、先進国債券25%

2013/4月~:先進国株式80%、先進国債券20%

2015/5月~:先進国株式90%、先進国債券10%

2022/5月~:先進国株式99%、先進国債券1%

 

もうすぐ定年で、この確定拠出年金も終わりにしなきゃならないみたいですが、3倍ってのはなかなかインパクトある結果に達したなあって感じです。

idecoを楽天S&P500に変更

楽天全米株式で積み立てていたidecoを、楽天S&P500に変更しました。

現在197,925円、月12,000円の積立を、楽天全米からS&P500に替えたからって、どれほど利益が増えるのか?

ひょっとしたら、月10円にもならないかもしれません。

ただ、自分のポリシーは「誰でもできる投資で最大利益」なんで、やれることはやっておこうと。

ポイ活みたいなもんですね。

変更の手数料は、たぶん無料だと思うんですが、正直よくわかってません。

あと、月12,000円の積立のはずなんですが、なんで11,829円になってるんですかね?

不足はポイント分で充当ってことかな?

それとも不足171円が手数料?

idecoの目的は所得減税なんで、細かいルールを把握していませんが、おトクと思われることはやっておこうって感じです。

投資歴2年1ヶ月で評価益1500万達成!

楽天証券で運用している投資信託の評価益が、1500万に達しました。

投資を始めてから2年1ヶ月、全力投資になってからでは1年10ヶ月での達成です。

なんだかすごい勢いで増えてますね~。

自分、投資歴2年ちょいなんで、去年の3月までは、プラスとマイナス行ったりきたりだったんですよ。

つまり、最初は1年以上、利益って感じじゃなかったんです。

こんな感じで。

「なかなか増えないな~、結構しんどいな~」みたいな。

それが1年経つとこうも変わりますかね?

利益率0%から+40%ですよ?

意味わからん、みたいな。

まあ、増えてるんですからとりあえず喜んどきましょう!

こういう暴騰もあれば、そのうち暴落もあるんでしょうね。

その時に淡々と市場に残っていられるよう、メンタル鍛えとかなきゃ。

でも、メンタルって、どうやったら鍛えられるんですかね?

利益率+187%! 評価益836万! ~確定拠出年金2024/1末

会社でやっている確定拠出年金の1月末分が確定しました。

1月も好調で、評価額は1282万で最高額更新となり、そのうち元金が446万、評価益が836万です。

利益率は+187%、利回りは12.69%/年です。

しかしまあ、すごい勢いですね。

先月より74万も増えてます。

なお、会社の中で、以下のグラフの一番右側にいますが、以前は上位1.4%にいるとわかっていましたが、今はよくわからなくなってしまいました。

ただ、上位2%以内は間違いないと思います。

しかしまあ、すごい分布グラフですよね。

運用利回り10%/年以上が、全体の22%くらい。

今や運用利回り10%/年以上がごく普通、当たり前になってきました。

 

なお、自分の確定拠出年金の運用歴は、自分の記憶では以下の通りです。

2012/4月~:先進国株式75%、先進国債券25%

2013/4月~:先進国株式80%、先進国債券20%

2015/5月~:先進国株式90%、先進国債券10%

2022/5月~:先進国株式99%、先進国債券1%

先進国債券を残していることにあまり意味はなく、これまでの記念みたいなもんです。

なお、大切なことなので何度でも言いますが、この企業型確定拠出年金idecoだけは、皆さんにも外国株式インデックスでの100%運用をお勧めしたいです。

だって、定年まで下ろせないんですから、途中の変動は無視して、定年時がどうなっているかだけ考えればいい。

そしたらもう、外国株式インデックスの一択で間違いないはずです。

以前、以下の記事を書いた通りです。

確定拠出年金とidecoは、外国株式に100%投資をお勧め - 定年前の会社員がジェイソン亜流で全力投資 (hatenablog.com)

 

最後に、直近5年の推移グラフをお見せします。

すごい勢いで増えているんですけど、このグラフだとイマイチわかりづらいですね。

ちょっと計算したら、ここ5年の年利は18%くらいでした。

念のためですが、これ、積立ですからね。

eMAXIS Slim S&P500のここ5年の年利は21%らしいですから、大したことない?

いや、やっぱりこれはやりすぎでしょう。

いつか借りを返す日が来るのが、ちょっと怖いです。

楽天全米株式、没落の始まり

新NISA運用実績、ライバルファンド比較の記事を先日書きましたが、その中で、流入金額の数字だけは、日経の電子版からいただいています。

これ、書いとかないと失礼ですよね。

毎月1日の0時に発表されています。

自分が挙げた9本のうち、実に6本がベストテン入りしています。

自分、なかなかいい勘してるでしょ。笑

 

ただ、ここで気になったのが、自分が一番多く保有している、楽天全米株式の名前がないんです。

自分、投資を始めて2年ちょっとですが、その間、去年の年末まで、楽天全米が流入金額でベストテンから外れたことは無かったと思います。

なので、気になって今月は何位にいるか探しました。

73位にいました...

36億円...

楽天全米は、純資産額では1兆2000億台、全投資信託中5位の人気ファンドです。

それがこんな結果になったのは、楽天証券が業界最低水準の信託報酬の新商品を発売し、新商品にだけ保有ポイントを付けたから。

みんな、追加投資はそっちに移ってしまいました。

自分もそのうちの一人です。

これはもう、今から楽天全米に信託報酬の値下げや保有ポイント制を導入しても、人気復活は無理でしょうね。

没落の始まりです。

まあ、楽天全米の運用成績が悪いわけではないので、すぐに資金が大量流出することはないと思いますが、長期低落傾向に入ったことは間違いありません。

新NISAが始まって、最も打撃を受けたのは、この楽天全米でしょう。

かつて一世を風靡した(と聞いています)人気のインデックスファンドがこうなるとは、時代って厳しいもんです。